フォークリフトを選ぶ時に知っておきたいことを紹介!!

中古のフォークリフトを選ぶ時のポイント

倉庫や現場で働いている方にはとても身近な「フォークリフト」は勤務先で使用するものだから消耗も激しいですよね。フォークリフトは機械によって特徴や機能性も異なり、選び方によって作業効率も違ってきます。この記事ではフォークリフトの選び方のコツを紹介します。中古のフォークリフトを購入する時は整備がしっかりされているのか、故障している部分がないかをしっかりと確認しておくことが大切です。事故の形跡がないことも大切です。安いからと言って安易に考えず慎重に選ぶことが大切ですよ。

大きさで選ぶフォークリフト

フォークリフトには様々な種類や大きさがあります。会社の倉庫で使用する場合、大きさはとても重要ですよね。運ぶものの重さや大きさもありますが、フォークリフト自体が大きすぎると倉庫に入らないことも考えられますよね。運ぶ資材がそこまで重くなく大きくないものであれば、コンパクトでバッテリーも良いフォークリフトを選ぶのも大切です。倉庫環境を考慮してフォークリフトを選ぶことで仕事の能率や作業効率も大幅にアップしますよ。

バッテリー式とエンジン式どちらを選ぶのかも大切!!

フォークリフトには様々な種類があり、選ぶ時に悩みますが、エンジン式にするのかバッテリー式にするのかで選ぶのもコツの一つですよ。連続作業時間の目安はバッテリー式が8時間程度ガソリン式が荷物の重さや運転方法に左右されます。導入コストはバッテリー式の方がやや高く、長く使う場合はバッテリー式の方がやや優勢です。経済状況や稼働時間などをすべて考慮したうえでより良い方を選ぶことがとても大切ですね。レンタルしても良いでしょう。

大量の商品を取り扱うお店の倉庫整理を行う時に、フォークリフトは便利な機材です。もし、新しく導入したいのなら専門業者に問い合わせてみると、欲しいタイプのものがすぐに見つかるでしょう。